VvK34
集治千晶キュレーション
SHUJI Chiaki curation

アニミズムの小箱
Small Box of Animism

2023年3月17日(金)から26日(日)
12:00から18:00 月曜日休み

青の羊/ AONOHITSUJI
影山多栄子 / KAGEYAMA Taeko
集治千晶 / SHUJI Chiaki
山吉由利子 / YAMAYOSHI Yuriko



KUNST ARZTでは、VvK (アーティスト・
キュレーション)展覧会の34回目として、
集治千晶キュレーションによる
「アニミズムの小箱」展を開催します。
集治千晶は、版画、水彩、ヒトガタ・オブジェといった
多様な形式で、フェミニンな表象を大胆に取り入れ、
原初的なパワーに満ち溢れた作品を制作する
アーティストです。
本展では、集治千晶作品、
集治千晶人形コレクション、
集治千晶と人形作家のコラボレーションを
ベースに、ただの「人形」ではない、
アートとしての「人形(ヒトガタ)」をお見せします。
(KUNST ARZT 岡本光博)



「人形(ヒトガタ)」に強い興味を持ったのは
約15年ほど前に出会ったある人形作品が
きっかけだった。ただの遊び道具、
そして一方的に愛でるためだけのものだ
と思っていた「人形」に初めて心を強く揺さぶられた。
今までに感じたことのない感情が込み上げ、
そこに生命を感じると同時に自己投影してしまう自分。
「この感覚は一体?」
それ以来「人形」と「アート」に於ける違いは
何なのかを考察してきた。

まだはっきりとした答えは出ていないが、
私が強く感じているのは
両者の間に大きな隔たりはなく
一つに繋がっている、
或いは繋ぐことができるということ。
今回はそれを展示という形で試みたいと思う。
集治千晶 (本展キュレーション、アーティスト)



PRESS RELEASE






青の羊 / AONOHITSUJI


青の羊「ジェスタードール」



青の羊「金色頭の少女ドール」



青の羊「クマドール」






影山多栄子 / KAGEYAMA Taeko



影山多栄子「無口なお嬢さん」



影山多栄子+集治千晶
「ambivalent flower/night cruising」






山吉由利子 / YAMAYOSHI Yuriko



山吉由利子「市松さん」







集治千晶
SHUJI Chiaki
Iconic Doll -Heartbeat-
2020
銅版画、コラージュ、ドローイング、粘土、布など



集治千晶 SHUJI Chiaki

1973年京都に生まれる。
1996年京都精華大学美術学部
造形学科版画専攻卒業。
1998年京都市立芸術大学大学院
美術研究科絵画専攻版画修了。
2005年京都市芸術新人賞受賞。
銅版画の発表から活動を開始し、
絵画、ミクストメディアなどの平面作品を発表してきた。
15年ほど前に出会った人形作家より強い影響を受け、
ここ数年は銅版画、絵画、人形、ぬいぐるみ、手芸、
BOXアート等の要素を融合した
独自のスタイルで立体作品も手掛けている。