現代美術二等兵
やぶさめオルゴール
2013



VvK33
岡本光博キュレーション
OKAMOTO Mitsuhiro curation

京美術
Kyo Bijyutsu

2022年12月16日(金)から25日(日)
12:00から18:00 月曜日休み

岡本光博 / OKAMOTO Mitsuhiro
木内貴志 / KIUCHI Takashi
現代美術二等兵 / Gendaibijyutu Nitouhei
山羽春季 / YAMABA Haruki
ゆりかき / YURIKAKI



KUNST ARZTでは、
VvK (アーティスト・キュレーション)
展覧会の33回目として、
岡本光博キュレーションによる
「京美術」展を開催します。
10年前の2012年、ギャラリー最初の展覧会である
「美術のくすり」展の出品作家でもあった岡本光博、
木内貴志、現代美術二等兵の3組に
開廊後にデビューした山羽春季、ゆりかきの2組の
アーティストを加えた5組による
「京都」をテーマにした展覧会です。
ユーモラスに脱力的にアートの定義を問う試み、
性的な試みや社会的なメッセージを内包する試みなど、
歴史的文化的に厚みのある京都だからこそ、
自由に発信し続けることができたと思っています。
本展では、「京都」をネタに、感謝の意を込めて、
ユーモラスでちょっと毒のある薬を
提供できればと考えています。
岡本光博
(KUNST ARZT主宰、美術家、本展キュレーション)



PRESS RELEASE




岡本光博 / OKAMOTO Mitsuhiro

w#276 ドザえもん (Ryoanji)
2021
ドラえもんフィギュア10体、LED、
ガラスドーム、天然石、スイッチ


運営、企画者でもある岡本光博
(1968年京都生、京都在、滋賀大学大学院修了)は
「京都」をネタにした言葉遊びの連作の他、
継続している実在する枯山水庭園を引用した新展開の予定。




木内貴志 / KIUCHI Takashi

FOCUS#1『キウチ芸術センター展』(2018)
京都芸術センターでの展示風景


木内貴志(1973年京都生、京都在、成安造形大学卒)は
コツコツと収集してきた「京都」的イメージを
「京都テレビ借景(借りパク京都)」(仮題)
という作品に落とし込む構想。
「京都」という絶対的なイメージだからこそ、その解体、再生を。




現代美術二等兵 / Gendaibijyutu Nitouhei

寝室は枯山水」
2013 
布にプリント、綿


現代美術二等兵 は、籠谷シェーン(1967年大阪生、
大阪在、京都市立芸術大学彫刻専攻卒)と、
ふじわらかつひと(1968年、大阪生、東京在、
京都市立芸術大学彫刻専攻卒)からなるアートユニット。
これまでにも「京都慕情」(2013年、Voice gallery)、
「京都五輪」(2021年、Y-Gion)において、
「京都」をネタに、クスっと笑える“駄美術”を展開してきました。





ゆりかき / YURIKAKI

個展「だれだって、アイドル!」(2019)
ベランダライブより


アイドルとして、所縁のある土地をテーマに作詞、作曲、
プロモーションビデオ(PV)を作品にしてきた 
ゆりかき (1996年滋賀県生、神奈川在住、成安造形大学卒)。
世界的観光地である「京都」をテーマに新曲PVの展示予定です。




山羽春季 / YAMABA Haruki

六斎念仏踊り
2021
和紙、水干絵の具、岩絵の具、箔


昨年から継続して、京都の神社仏閣の奉納のための舞や
伝統行事の踊りの動きを取材し、絵画化してきた
日本画家である山羽春季(1995年京都生、京都在住、
京都精華大学日本画学科卒)。
本展でも『六斎念仏踊り』の取材から制作した新作を発表予定。