山西杏奈+松平莉奈
コラボレーション展
YAMANISHI Anna +MATSUDAIRA Rina

球体と三角
sphere and triangle

2018年10月2日(火)から7日(日)
12:00から18:00
10月5日(金)のみ 22:00まで

*ニュイブランシュ2018 参加展覧会


KUNST ARZT では、山西杏奈と松平莉奈に
よるコラボ展を開催します。
山西杏奈は、ストイックなまでに素材と向き合い、
それが存在することの本質を探究するアーティストで、
松平莉奈は、独特の嗅覚で先人画家たちのエッセンスに
現代性を加えた人物画を中心に絵を描くアーティストです。
立体(彫刻)と平面(絵画)という異次元で
独自の世界を構築してきた二人のアーティストだからこそ
生み出せる世界をお楽しみください。
(KUNST ARZT 岡本光博)




アーティスト・ステートメント

今回の展示は、山西杏奈と松平莉奈による
コラボレーション作品の展覧会である。
普段の制作で、山西は主に木を使い、
素材の質感を消していくことで認識のズレを空間に作り出し、
松平は平面の中に物語の広がりや象徴の
かさなりを用いて絵画作品を制作している。
木彫の身体的な感覚を、描線で追体験することにより
今回の作品は作られている。
何かを演じるために隠される表面を山西は作り、
松平はその表面を歩くように筆を這わせる。
二人の身体は同じ表面を介して違う時間を経験し、
一つの表面は終わりにもなり、始まりにもなる。
二人の化学反応によって生み出される空間をお楽しみください。



山西 杏奈 YAMANISHI Anna


《mam's cloth》

2018
木彫:ヒノキ




《untitled》

2017
木彫:トチ、胡粉



1990年 大阪府生まれ
2012年 京都市立芸術大学 美術学部工芸科
      漆工専攻卒業
2014年 京都市立芸術大学大学院
  美術研究科修士課程  工芸専攻漆工分野 修了

近年の主な活動

2018年
個展「Yamanishi Anna exhibition」(崇仁ギャラリー/京都)
L「ART MEETS WINTER」(タイム堂 / 京都)
京都府新鋭選抜展「Kyoto Art For Tomorrow2018」
(京都文化博物館 / 京都)

2017年
京都府新鋭選抜展「Kyoto Art For Tomorrow2017」
(京都文化博物館 / 京都)
アーティストレジデンス KulttuuriKauppila
(イー / フィンランド)

2016年
個展「inside of the case」(同時代ギャラリー / 京都)

賞歴・助成等

2014年 京都市立芸術大学作品展 大学院市長賞
2013年 京都銀行美術支援制度2013年度購入作品選抜
2011年 京都市立芸術大学作品展 平館賞



松平 莉奈 MATSUDAIRA Rina


《日本霊異記より 蛇の縁》
Fate of Snake  quoted from “Nihon Ryoiki”

2018
紙本着色 Color on paper




《日本霊異記より 猪の縁》
Fate of Boar quoted from “Nihon Ryoiki”

2018
紙本着色 Color on paper



1989年 兵庫県生まれ
2012年 京都市立芸術大学 美術学部美術科
      日本画専攻 卒業
2014年 京都市立芸術大学大学院 美術研究科修士課程
      絵画専攻日本画 修了
2016年より エピックレコードジャパンとエージェント契約


近年の主な活動

2018年
「Red House」(TALION GALLERY / 東京)
第7回東山魁夷記念日経日本画大賞展
(上野の森美術館 / 東京)
「画面に向かうなら」(ポルタギャラリー華 /京都)

2017年
個展「insider-out」(第一生命ギャラリー / 東京)
第四回 景聴園 となりあう借景 
(galleryMain, LUMEN gallery / 京都)

2016年 
琳派400年記念 新鋭選抜展(京都文化博物館 / 京都)
私、他者、世界、生 ー現実を越える現実ー
(コンテンポラリーアートギャラリーZONE / 大阪)

賞歴・助成等

2017年 平成28年度京都市芸術新人賞
2016年 第3回 続 京都日本画新展 優秀賞
2015年 VOCA展2015 佳作賞
2013年 京都銀行美術支援制度2013年度購入作品選抜
2011年 臥龍桜日本画大賞展 大賞