須崎 喜也 個展
版立体図像展

SUSAKI Yoshinari solo exhibition
3D image exhibition

2020年10月13日(火)から18日(日)  
12:00から18:00

KUNST ARZTでは、須崎喜也の個展
「版立体図像展」を開催します。
須崎喜也は、木版画の立体化を実践、
探究するアーティストです。
版画技法の中でも極めてアナログな制作行為が
映し出される「木版画」が、
まるで2次元から飛び出してきたかのように、
違和感無く立体化されます。
紙も用いますが、主にシリコンを用い、
また、ただの立体化ではなく、
商品として“フィギュア”化する見せ方も含めて、
高いレベルのオリジナリティーを獲得しています。
ご注目ください。(KUNST ARZT 岡本光博)




PRESS RELEASE



JHON
2019
紙、インク



アーティスト・ステートメント

私は版画技法を用いた立体作品を制作している。
興味のあるカルチャーなどから
気になった事柄をテーマにしたり、
頭の中で別の文化と組み合わせたりすることで
現れた形を図像化する。



文身
2019
シリコン、インク



経歴

1987年 愛知県生まれ
2013年 京都精華大学大学院芸術研究科
博士前期課程芸術専攻版画領域 卒業

個展
2019年 『HANGA立つ』 yuge 京都

グループ展
2019年 『オル★テラ』 妙善寺 東京
2020年 『OBJECT at VOU』VOU 京都



山という字
2019
シリコン、インク