しもなかもなか 個展
SHIMONAKA MONAKA solo exhibition

逆立ちドローイング
Handstand drawing

2020年3月31日(火)から4月5日(日)
12:00から18:00

KUNST ARZTでは
しもなかもなかの個展を開催します。
しもなかもなかは、逆立ちで
ドローイングをするアーティストです。
「重力を活かした表現」という
美大生時代の課題をきっかけに開始し、
バランスを取りながら逆立ちした状態で、
助手に口にくわえさせてもらった絵筆で
描くという過酷な身体表現を、
約2年間継続しています。
個展会期中は、鑑賞者に助手をしてもらい、
作品を生み出していきます。
手伝いに来てください。
(KUNST ARZT 岡本光博)



PRESS RELEASE




アーティスト・ステートメント

美大に在学時、
「重力を活かした作品を作りましょう。」
そんな課題が出た。
それ以来、私はしたい時に、したい場所で
逆立ちドローイングを行なっている。
逆立ちをして、口に咥えた筆を動かす。
体のバランスをとりながらドローイングを
するのは、コントロールが出来ず、
筆は想定外の方向へ進む。
その不慣れな感覚から、
偶然が面白い線を生み出すのが、
逆立ちドローイング の良さだと感じている。



経歴

1998 京都府生まれ
2019 嵯峨美術短期大学 卒業

個展
2017 「毒展」
嵯峨美術大学・短期大学 クラブボックス#205(京都)

グループ展
2018「シリーズ絵画への意志」vol.73
嵯峨美術大学・短期大学 アートプレイス(京都)
2019「LA VOZ 25th EXHIBITION」
京都市美術館別館(京都)




逆立ちドローイング 2
2018年10月6日 13:19-13:20

紙に油彩
セブンイレ ブン車折神社前
助手:長谷川一郎



京都新聞 2020年4月4日
沢田眉香子さんによる展評