丹羽晴香 個展
NIWA Haruka Solo Exhibition

colors

2020年3月17日(火)から22日(日)
12:00から18:00

KUNST ARZTでは3年連続となる
丹羽晴香の個展を開催します。
丹羽晴香は、キャンバス上に、
人間の心の奥底に沈んでいる
“何か”を抽出するアーティストです。
形をイメージすることなく、
白いキャンバスに向き合い、
生きることそのものがそうであるように、
形、色、絵の具、構図・・・無数の選択と向きい、
熟考を重ねて、独特の絵画が描き出されていきます。
本展では、昨年から制作を始めた
『rebirth』シリーズ(一度描いた複数のキャンバスを切り取り、
新しい木枠・パネルに再構築するコラージュ作品)も
複数展示予定です。ご注目ください。
(KUNST ARZT 岡本光博)




展覧会コンセプト

いくつもの選択の結果物。



PRESS RELEASE





個展「rebirth」2019 個展展示風景



アーティスト・ステートメント

私たちは生きていくうえで数え切れないほどの選択をしてきた。
そしてその選択はこれからも続く。
過去の選択により影響を及ぼされる未来の選択もあるだろう。




個展「makes me high」2018 個展展示風景
photo: OFFICE MURA PHOTO




artificial selection

2017
キャンバスに墨汁、油彩



経歴
1994年 大阪府生まれ
2017年 京都精華大学芸術学部造形学科洋画コース卒

個展
2019 rebirth (KUNST ARZT/京都)
2018 makes me high (KUNST ARZT/京都)

グループ展
2018 絵画tomorrow -6大学推薦 若手の共演-
(ギャラリーマロニエ/京都)
2017 第四回京都美術大学交流展
(ちいさいおうちギャラリー/京都)
2017 京都精華大学卒業・修了制作展
(京都市美術館/京都)
2016 ソウゾウ展(京都精華大学/ギャラリーフロール/京都)
2016 箱庭バカンス(kara-S Gallery/京都)
2016 ARTCOM2016-we need it-
(けいはんな記念公園/月の庭ギャラリー/京都)
2016 セイカアンデパンダン展
(京都精華大学/ギャラリーデッドスペース/京都)
2015 Art Wear Exhibition(ART Lab OMM/大阪)





呼応
2018
F100 (1620×1300mm)
キャンバスに油彩、墨汁
\ 300,000

情の確認
2018
F50(1167×910mm)
キャンバスに油彩、墨汁
\ 150,000

rebirth No.1
2018
P15 (652×500mm)
キャンバスに油彩
\ 48,000

Artificial selection
2017
キャンバスに墨汁と油彩
1303×894 mm
\ 150,000

JAM
2017
キャンバスに墨汁と油彩
1167×1167 mm
\ 90,000

makes me high
2017
キャンバスに墨汁と油彩
1620×970 mm
\ 150,000