村田 のぞみ 個展
MURATA Nozomi solo exhibition

Through the lines


2018年10月9日(火)から14日(日)
12:00から18:00

KUNST ARZT では、村田のぞみの個展を開催します。
村田のぞみは、白く細い針金で“、
空間ドローイング”するアーティストです。
身近な人の死と、死後に感じるその人の気配をきっかけに、
見えていないけれど感じる“何か”を確かめるように、
空間に描かれていきます。
浮かび上がった形は、複雑に絡む白い針金が
毛細血管のようでもあり、細部にわたり
「生を問う」アーティストの意思が感じられます。
ご注目ください。(KUNST ARZT 岡本光博)






「魂の境界」
2018
針金、カラースプレー



アーティストステートメント

記憶から線を紡ぎ、形を確かめるように
空間にドローイングを重ねています。
それは生きているとはどういうことか、
どこへむかうのかを確かめるための行為のように思います。

My work tries to create about connection to life and death.
It is as if they are whirling from memory, drawing into space.
I think these are ways to know what is alive, where are you going.





「pneuma」
2018年
針金、カラースプレー



経歴
1994年 奈良県生まれ
2017年 京都精華大学 芸術学部 素材表現学科
テキスタイルコース卒業
現在 京都精華大学大学院 芸術研究科博士
前期課程 染織専攻 在学中

展覧会

2015年 
・ライン展(GALLERY Maronie/京都)
2016年 
・創造的ドローイング展(京都精華大学GALLERY FLEUR/京都)
・個展:MURATA Nozomi Exhibition (trace/京都)
・輪形(Impact Hub Kyoto/京都)
・some(染・清流館/京都)
・祈り(GALLERY Maronie/京都)

2017年 
・創造的ドローイング展(京都精華大学GALLERY FLEUR/京都)
・個展:村田のぞみ展 (trace/京都)
・テキスタイル院生展part1(京都精華大学GALLERY FLEUR/京都)
・テキスタイル院生展part2(同時代ギャラリー/京都)




「魂の境界」
2017
針金、テグス




「生のかたち 死のゆくえ」
2017
針金、カラースプレー、テグス
肉体が死んでも魂は生き続けるのか、
生と死の境界はあるのか。