円を描くX / Draw a CircleX

2020
photo by Nobutada Omote




菊池 和晃 個展
KIKUCHI Kazuaki Solo Exhibition

Pixel Painting

2020年9月29日(火)から10月4日(日)
12:00から18:00
3日(土)のみニュイブランシュ参加のために22:00まで開催

KUNST ARZTでは、菊池和晃の個展を開催します。
菊池和晃は、身体的負荷が大きい自作装置と“格闘”し、
美術史的要素を絡めた作品を生み出すアーティストです。
ブランクーシ、ウォ-ホル、ポロック・・・
これまでにも多くの美術史上のアーティストの
作品を引用してきました。
吉原治良的な“円”を描くために、
6250回転もハンドルを回さなければならない
「円を描く」は、コンセプトも、彫刻としても、
強く印象に残る作品でした。
本展では、リヒターの「カラーチャート」や
カラーフィールド・ペインティングを参照し、
新型コロナ禍において問題視される
新宿の「夜の街」の風景を、
自作の機械を通して「ピクセル」に還元し、
鉄板に描き出した絵画で空間を埋める構想です。
サブルームでは、ニュイブランシュに合わせて、
その鉄板に色を塗る機械を使っての
パフォーマンスの予定です。
ご注目ください。
(KUNST ARZT 岡本光博)



PRESS RELEASE




円を描くT -生産されたイメージ #1
/ Draw a CircleT-A Produced Image #1

2020
アルミニウム、ペンキ
Photo by Takeru Koroda




円を描くW / Draw a Circle W

2020
アルミニウム、鉄、ステンレス
Photo by Takeru Koroda




円を描くU- マシン / Draw a CircleU - Machine

2020
photo by Nobutada Omote




円を描くV -マシン / Draw a Circle V -Machine

2020
Photo by Takeru Koroda



アーティストステートメント

私たちの生活はさまざまな機械によって成り立っている。
機械には効率と生産性が最も求められ、
その為に無駄と判断されるものは排除される。
そして新たに効率的で生産性の高い機械が作られる。
私の仕事はそんな機械を使い、新たな機械を生産することだ。
それは社会にとって機能的だと思う。
人やものを社会の歯車に例えることがあるが、
私の仕事はまさにその歯車だ。
そして私は仕事で使うのと同じ機械を使い芸術作品を作っている。
どちらも同じ創造行為ではあるが
社会的な機能というのは大きく異なる。
私が仕事でする創造は生きること、
生活すること、社会で役に立つこと。
一方芸術での創造は私たちの生活にとって無駄なもの、
役に立たないものとして
端に追いやられている場面を多々目にする。
芸術も社会と噛み合う歯車だ。
その動力がどこに繋がっているのかは
現代では見えづらいだけで、
今も私たちの生に対して機能している。

私の作品は美術的なイメージを生産する為のマシンだ。
それはただ単にイメージを複製するだけではなく、
私たちと芸術との「連動」を可視化する為の装置でもある。
そうすることで、芸術や文化がどのように
私たちの生に機能しているかを見つめ直したい。




Muscle

2018
キャンバス、ペンキ、木材、鉄 




アクション

2017
ミクストメディア



経歴

1993年 京都府生まれ
2016年 成安造形大学美術領域現代アートコース卒業
2018年 京都市立芸術大学大学院 構想設計クラス修了

個展(ユニットも含む)
2016年 菊池和晃+にしなつみ「KISS」 / KUNST ARZT(京都)
2019年 個展 Muscle / The Third Gallery Aya(大阪)
2020年 個展 Draw a Circle / The Third Gallery Aya(大阪)

グループ展ほか
2017年 1floor2017 合目的的不毛論
/神戸アートビレッジセンター(兵庫)
2017年 Vvk20ウォーホル美術 / KUNST ARZT(京都)
2018年 京都市立芸術大学作品展 / 京都市立芸術大学(京都)
2018年 エイリアス−コレイガイノスベテ− / +1art(大阪)
2018年 以“身”伝心 からだから、はじめてみる
/ ボーダレスアートミュージアムNO?MA(滋賀)
2018年 playing BODY player / ギャラリーアートサイト(滋賀)
2019年 超暴力展 / 山下ビル(愛知)
2020年 京都府新鋭選抜展2020 / 京都文化博物館(京都)
2020年 transmit program 2020 / ギャラリー@KCUA(京都)
2020年 time lake ?シングルスクリーン/取りまく息を吐く瞬間
/ The Third Gallery Aya(大阪)
2020年 ニューミューテーション #3 / 京都芸術センター(京都)




菊池和晃+にしなつみ
KISS展示風景(2016)