林 葵衣 個展 「詩の復唱」

HAYASHI Aoi solo exhibition
Echo of verse

2019年6月8日(土)から16日(日)
12:00から18:00 月曜日休み

KUNST ARZT では、2年ぶりとなる
林葵衣の2度目の個展を開催します。
林葵衣は、“唇拓”を通して、音の可視化のみならず、
発音する内容と自身との関係性を考察するアーティストです。
声を出しながら口をキャンバスにあて、
口紅の痕跡をタブロー化する“唇拓”は、
その接地面を移動していく必要があります。
「いろは歌(2019)」では、縦方向に、
ゆったりと間隔をとって移動した痕跡が写され、
そこには文化的な側面も映し出されています。
ご注目頂ければ幸いです。
(KUNSTARZT 岡本光博)


PRESS RELEASE

---------------------------------
展覧会コンセプト
---------------------------------


口遊みは、歌うより細やかで、体内の記憶が
声を通して流れ出すような感触がある。
古語を引用した歌が偶然ラジオから流れたとき、
聴き慣れない音韻や発音が耳に残り 関心を持った。
古語を復唱してみると、使い慣れたはずの
日本語ではない響きが新鮮 だった。
制約のもとに韻文を作ろうとする遊びは、
平仮名50音網羅和歌「いろは歌」「あめつ ちの詞」
「たゐに(たいに)」を代表として、現代ではラップや
フリースタイルが盛んで ある。
様々な形式で受け継がれる古語や現代詩を口遊む。
時間旅行をするように。

Exhibition Concept
Humming is more modest than singing.
Humming has a feel of memories
from the internal body flowing out through voice.
When the song with archaic words was played
from the radio by chance, their uncommon phonemes
and pronunciation had got to be remembered and interesting.
Those words sounded new since they didn’t sound like
the common Japanese language after repeating the archaic words.
Word-play of trying to make verses within phonetic limitations
is now popular for rapping or freestyle rapping;
as there are some well-known word-play songs,
such as Hiragana 50 sound completion pangram - Iroha Uta -,
Ametsuchi no Uta, and Taini.
The archaic words or modern poetry preserved
in various forms are flowed out through the mouth;

as if it were time traveling.


---------------------------------
ステイトメント
---------------------------------


身体は自分の意図通りに完璧には動かせない。
細胞は一年で勝手にほぼ入れ替わる、髪は伸び怪我は治る。
ウイルスが侵入すれば熱 が出る。
自分のものではないようにもどかしく思う身体を、
意識で介入できない機能を可視化 し、
他者としてみつめることで、自分のものとして
今一度体に取り込みたい。

Statement
A body cannot be controlled as one’s intentions.
Cells turn over naturally by themselves.
Hair grows. Wounds get healed.
A body heats up when it gets infected by virus.
This is an attempt to get back an uncontrollable body,
which is against one’s intentions, into one’s body
by visualizing functions that cannot be intervened
through consciousness and taking a look at them
as someone else.



photo by Yuki Moriya


I was here

2017
木枠、オブラート
410×318mm



以上、林 葵衣 個展 「声の痕跡」(2017)より




経歴

1988 京都府出身
2011 京都造形芸術大学 情報デザイン学科 映像メディアコース 卒業
2013 京都造形芸術大学 修士課程 修了

個展
2018 「しつらえ」 AWOMB
2017 「声の痕跡」 KUNSTARZT
2016 「水の発音」 アートスペース虹・京都
2014 「Public Score」 つくるビル・京都 
2013 「OverLay」 gallery near・京都
2011 「RE 」 C.A.P. STUDIO Y3・神戸
2009 「カラダカラニジムコエ」 Galleryはねうさぎ・京都
2008 「メヲアケテミルユメ」 Galleryはねうさぎ・京都

主なグループ展
2019  京都府新鋭選抜展 京都文化博物館
2018  VOCA展 上野の森美術館
2018  第五回アラタパンダン展 名村造船所跡地
2017  アート/メディア - 四次元の読書 国立国際美術館
2017  非在の庭 最終章 アートスペース虹


舞台美術
2018  文字移植 こまばアゴラ劇場
2017  ディクテ アトリエ劇研
2018  文字移植 アトリエ劇研・ぽんプラザホール

受賞歴
2015  芦屋市展 芦屋市立美術博物館/吉原賞




ふね

2015
180×140mm
キャンバス、口紅













わきじ/Both sides
2019
パネル・口紅
273×220mm(F3号)
\ 30,000

noise -5/22-
2017
キャンバスに口紅
1000×1000mm
\ 150,000

time lag
2017
キャンバスに口紅
450×1117mm
\ 100.000

time of dialog 電燈発電所
2017
キャンバス、口紅
333×190mm
¥40,000